陰陽五行説について

 『陰陽五行説』という言葉は、『陰陽(いんよう)説』と『五行説』とが組み合わされたもので、二つの説が別々に論じられないほどの関係であり現在では陰陽五行説として一つに論じられている。
 『陰陽説』は、日本に伝来して陰陽道(おんみょうどう)と呼ばれているが、もともとは中国最古の王とされる伏羲(ふくぎ)がつくったといわれている。 陰陽説は、世のなかの事象がすべて、独立してあるのではなく、陰と陽という対立した形で世界ができあがっていると考える原理です。そして、陰と陽はおたがいに増減をくりかえし、陽が増えれば陰が減るというようにして新たな発展を生むという考え方です。
 この世界は、吉凶、天地、善悪、男女、明暗、火水、表裏、上下、凸凹、剛柔、などの一対から成り立っていると考え、たとえば人間の精神は天の気、陽で、肉体は地の気、陰だということになり、生はその精神と肉体との結合(世界の中の一部)、死は両者の分離(世界の中の一部)であると考えられます。
 『五行説』というのは、夏の国の聖王、禹がつくったといわれ、禹の治世のときに洛水からはい上ってきた一ぴきの亀の甲羅に書かれた文様(洛書)から五という数を悟り、国を治めるのに五つの基本原理を思いついたと言われています。禹が定めた五行とは、水は土地を潤おし、穀物を養い、集まって川となって流れ、海に入って鹹(かん:しお)となる。火は上に燃えあがり、焦げて苦くなる。木は曲ったものも、まっすぐなものもあり、その実は酸ぱい。金は形を変えて刀や鍬となり、味は辛い。土は種を実らせ、その実は甘い、水は潤下し、火は炎上し、木は曲直、金は従革し、土は稼穡(かしょく)する。というもので、禹はこのように、『木火土金水』と五つの『味』、五行五味の調和を政治の原理、原則としました。この考えかたが、のちに斉国の陰陽家鄒衍(すうえん)によって、五つの惑星と結びつけられ、さらにまた万物に当てはめられて、観念的な五行説として完成すました。鄒衍の説は、天地のはじめ、渾沌としたなかで、明るく軽い気が陽の気をつくり、火となる。暗く重い気は陰の気をつくり、水となる。天上では火は太陽となり、水は月となり、これが組み合わされて、五つの惑星となる。地上では火と水から五原素ができる。即ち、木火土金水という五行から万物が成り立っていて、それが互いが増減し、結び合い、無限に循環することによって、あらゆる現象が出てくると考えました。陰陽という二つの対立、これと五つの数とを観念的に組み合わせて、万物に当てたのが『陰陽五行説』と言う事になります。

五行配当

『五行説』では、天地万物の姿をとつて五行が現われると考えられています。

  天地万物    五行     木   火   土   金   水

  色         五色     青   赤   黄   白    黒
  惑星       五星     木星 火星 土星 金星  水星
  方角       五方     東   南   中央 西   北
  季節       五時     春   夏   土用 秋   冬
  味         五味     酸   苦   甘   辛   鹹
  感覚       五感     視   聴   嗅   味   触
  臓器       五臓     肝臓 心臓 脾臓 肺臓 腎臓
  節句       五節句   人日 上巳 端午 七夕 重陽
  虫         五虫     鱗虫 羽虫 裸虫 毛虫 介虫
  神         五神     蒼竜 朱雀 黄竜 白虎 玄武

 十干           甲乙 丙丁 戊己 庚辛 壬癸
 十二支          寅 卯 巳 午 丑 辰未 戌 申 酉 子 亥
 八卦           震 巽 離 艮 坤 乾 兌 坎

陰陽五行説